dailyclubselect’s diary

音楽、文学、写真のLIVEレポート

スポンサードリンク

マラヤのいた夏

2017年の夏  マラヤがいた。

でも 今はもういない。

そして、 僕はマラヤが好きだった。

 

2017年7月31日 宗教法人マラヤは解散した。

正確に言えば無期限の山籠りだけれど

実質的な解散だった。

 

宗教法人マラヤは2016年4月デビューの

鎌田紘子と、美月リカの音楽ユニットだ。

マラヤはデビューした時からヤバかった。

 

コンセプトからして歌手、アイドルではなく

二人は教祖という設定でファンは信者だし、

衣装は日本を恐怖に陥れた

地下鉄でテロを行なったあの教団にそっくりだった。  おまけにグッズとして壺を売っていた。

 

サブカル的とうよりは、尖りすぎて

悪趣味なんじゃないかというくらいの振り切れ具合だった。

 

楽曲は加工されたボーカルのメロディが中心。それをギターロックのようなバンドサウンドや打ち込みのビートが彩る。

 

歌詞がつくる世界観がまた印象的で

宗教的な勧誘のように毒のある要素に

(だって、ぽわだぜ?タイトル。〕

 ぶつぞうでぶつぞう これがいわゆる

鈍器のようなもの や

朝からアサハラベイベー!

のようなワードのセンスに目をひかれた。

 

そんな 露悪的なマラヤの歌詞と、音楽は組み合わさって不思議と心に残った。

 

結局僕は

宗教法人マラヤ そのグループのコンセプト、

歌声、歌詞 

その全てに僕は危うさを、感じたんだと思う。

 

やりすぎるんじゃないか、大怪我をするんじゃないか、消えてしまうんじゃないかって。

そのうち、いくつかは当たることになるんだけど。

 

ただ、同時にその危うさになんとも言えない魅力を感じた。

シド ヴィシャスみたいだと思った。

 

彼女たちは持ち曲が6曲しかなかった。

でも、デビュー当初から積極的にライブ活動を行なっていた。  歌だけでうまらない尺はトークをした。

だからライブじゃなくこれは集会なんだと語っていた。

 

と集会について、書くものの、解散までに僕が彼女たちの集会に行けたのは一度しかなかった。

 

仕事のどうしても忙しい時期と重なったこともあるがチケットがとれなかったからだ。ごくごく局地的だったかもしれないけれど、デビューの初期から彼女たちは間違いなく人気があった。

 

そして、唯一行けたその会を

彼女たちはこの会だけは集会じゃないライブだと語 った会だ。

そして、そのライブは本当に素晴らしかった。

 

解散の集会を明日に控えるその日に行われた

下北沢のライブだった。

生で見るマラヤはやっぱり危うかった。

 盛り上がるまで、三回ぐらい突っかかるトーク

客席に飛び込むんじゃないかくらい距離の近いあおり

PAとの連携に何かあるのか 不安定な曲の入り

 

でも、とにかく楽しかった。

音源と違ってライブのパフォーマンスはとにかく情熱的で 最前列は泣いていた。

会場は大声援で割れんばかりだった。

 

マラヤは今年5月に解散を発表してから

手売りでCDの販売を始めた。

先ずミニアルバム一万枚プレスして

(この時点でヤバい。〕

一日のノルマを決めて

それが売れるまで帰らないというスタイルで、

都内で何度も開催さしていた、時には大阪や名古屋、北海道にも遠征していた。

 

そして、その一万枚を彼女たちは売り切った。

流通を一切通さずに。三ヶ月で

 

MCで鎌田さんは一万枚、一瞬で売り切れると思ってたけど そんなことはなかった、

でも、 一万枚自分たちで手売りしたから買ってくれた人の顔を全員見れた。 こんなにたくさんの人が私たちを知ってくれているのかと驚いたと語っていた。

 

おれはそれを聞いてムチャクチャかっこいいな

マラヤ 最高だなと思った。

 

僕はマラヤが好きだ。

6曲しか持ち曲ないのに足らないならトークすればいいやとライブをするところや

 

いきなり一万枚もプレスして、まーすぐ売り切れると思っているところや

そして、その一万枚のCDを本当に売り切るところや、 

 

ムチャクチャなことをしながらものすごいスピードで走り抜けて、どこかに消えてしまったところが。

 

 ねーまるでマラヤは

スターみたいじゃないか。

 

 

f:id:DailyClubSelect:20170808151141j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アデル「25」レビュー

アデル「25」


自分の歌声で勝負している女性ボーカルが好きだ。

例えば宇多田ヒカル、ロード、アラバマシェイクス
そして何よりアデルだ。


ご存知、アデルは1988年、ロンドン生まれ。
レオナ・ルイス エイミーワインハウスなどと同門のTHE BRITSCHOLL出身。
08年のデビュー・アルバム『19』は全英チャート1位、を獲得。
翌年の第51回グラミー賞の主要部門である「最優秀新人賞」を含む2部門を受賞。
そして、2011年にはセカンド・アルバム『21』を発表。
全米、全英チャートで1位を獲得し、
第54回グラミー賞では、主要3部門を含む最多6部門で受賞。
総販売枚数は3000万枚を超えている。

2015年11月には、約5年ぶりとなる最新作『25』をリリース。
発売わずか1ヶ月ながらその年の全米と全英で最も売れたアルバムとなり。
全世界の販売枚数も2000万枚を超えた。
2017年2月に開催された第59回グラミー賞で全5部門にノミネートされ五冠を達成。

同時にノミネートされていたビヨンセへのスピーチも記憶に新しい。


アデルの楽曲の特徴は
一度聞けば忘れることのできない力強く厚みのある伸びやかなボーカルだ。
カスれも、ヨレもしない。永遠に伸びる美しい直線のような声。
そのボーカルに綿密に計算された美しくもシンプルなピアノや
ビートが額縁を与え、聴くものを虜にする音楽を形作る。
M1の「HELLO」のコーラスを加えながらBメロがサビへと向かう流れに
その魅力ははっきりと表れている。

思わず踊り出してしまう音楽でなくても
フェスで観衆にクラウドモッシュさせなくても
詩のメッセージに感情移入しなくても

ただ、その声を聞いているだけで喜びがある。
つい、いいオーディオ装置が欲しくなる。
そんな音楽を聴くのは楽しい。 
だって音源って本来シンプルに聞くものでしょう。
そんなことをアデルの楽曲は思い出させてくれる。


彼女の楽曲はトレンドを取り入れるけれど追わない。

今回のアルバムでも
ブルーノ・マーズ、マックスマーティン、デンジャーマウスなどの豪華なメンバーとの
が楽曲に参加している。
ブルーノマーズが制作に参加したM10「ALL I ASK」では、アップダウンの激しいドラマチックな展開がアデルのボーカルにさらなる魅力を加えている。
でも彼らが参加してもあくまで彼女の楽曲の主役は彼女のボーカルだ。

ブラーのデーモンアルバーンとの共作は上手く行かなかったとインタビューで語っていたが
そう言うこともきっとあるだろう。彼女は誰かの音楽を歌いたがらない。彼女自身を歌う。
彼女との共作はきっと戦いだ。


彼女のアルバムは新作ごとに作風が一変したりもしない。 
何年もかけて準備しクオリティを整え世の中に送り出される。
そしてその楽曲たちは確かにアデルの楽曲になっている。ジョブズがいるころのAppleのように。


彼女の楽曲はマーケティングと関係がいない
EDMが流行するから踊れる楽曲にしよう
だとか、新生活が始まるから応援ソングにしようとかそんなものとは無縁だ。
握手できなくだって、先行でツアーのチケットが予約できなくたって
そんな付加価値をつけて何かを買わせるんじゃなくて
本来的な音楽の魅力だけで世界で数千万枚売れる。 

そのことは希望だ。

マーケティングされた歌詞の代わりに
彼女は彼女自身を歌う。彼女の愛するもの、失った愛を歌う。
宇多田ヒカルが「fantome」で失った愛する家族を歌うように。

だから彼女に子供が生まれたことは一人の女性というだけでなくアーティスト
としても素晴らしいことだ
M5「Remedy」は彼女の子供を歌った曲だという。
美しいピアノのメロディに彩られた彼女の声は優しく響く。

ボブ ディランかロックに転じたとき
観客が怒ったのは歌詞が聴き取りづらくなったからだ
という話を聞いたことがある。

 

僕も
(ありえないと思うけれど、)彼女の声がろくに聞こえないマスタリングになっていたり
声も楽器の一部として組み込まれるような楽曲になっていたらきっと怒るだろう。


僕はただただ、彼女の歌が聞きたいから。
それを与えてくれることが彼女の声の、

そして、楽曲の他では得難い喜びなんだ。

 

 

 

 

小澤征爾さんと音楽について話をするについて 村上春樹著

小澤征爾さんの甥のオザケンフジロックのニュースを見て思い出したのだけど

 (騎士団長殺しでも話題ですね。)

 

最近、村上春樹小澤征爾さんの対談を読みました。

印象に残ったのは二つ
ひとつは

村上春樹が小澤さんに
音楽というものと同様に文章もリズムが大切で文章は句読点の位置やセンテンスの長さ、文章の硬柔によってリズムをつくるんだと話していて

そしてその文章を読んだときのリズムがよいか悪いかでその文章家の力量がわかる。
という話をすると小澤さんが

音楽にリズムがあるというのは考えたこともない、よくわかりませんと答えていて
(のちに読みにくい文章というのはあるけどあれがリズムがないということですか?とは話されていたけれど)


わかるじゃん!!
とおれは思ったけれど
考え直してみると
小澤さんにとっての「音楽」というものと
音楽家以外の私では
「音楽」そのものの範疇がちがうのかもしれない
と思ったのです。

小澤さんの音楽はリズムやコードがあり
楽譜で示され、なにより指揮できるものだ。

そうでない概念としての音楽的なものや
文章にあらわれる句読点や
センテンス、文章を一度に読むペース
もしくは文章の硬柔で変化する一度に読むスピード。
もしくは思想的な意味で使われるロック
など比喩的に音楽に似ていると我々が感じる
音楽に近い要素自体は

彼にとっては
音楽そのものとは完全に別なものと認識されているのではないか?

彼にとって音楽はあくまで殺し屋が肌身離さず持つライフルのようにどこまでも現実的で、すみずみまで分解してその後に組み立てることかできる曖昧さや雰囲気で理解できることなどあってはならない冷たく、確かな個体なのではないかと
そう思ったのです。
そしてそんなふうに音楽をとらえられるのはとてもうらやましいと心底思ったのがとにかく心に残って。

もう一つ印象的だったのは
小澤さんに村上さんもぜひ楽譜を学ぶようにと熱心にすすめていたことだ。

楽譜を学ぶとより音楽がわかるようになるからと
そして小澤さんがお金がなくレコードを買うこともできないときは
ひたすらに楽譜を読んでいたという話だ。

だから東洋人でも楽譜を読めば西洋人のつくった音楽も理解できる
と力強く語っていた。

それは東洋人でありながらウィーン国立歌劇場音楽監督などクラシックの中心地で彼のやってきたこと、成し遂げてきたことをそれが証明してるんだなと納得しながら

同時に何より思ったのは
楽譜を読みながら聞こえてくる音楽はきっと素晴らしいのではないかということだ。

音楽は極論すれば空気だから自分の外の環境からあくまで僕たちが受け身の状態
で聞かされるものだ。

ただ、楽譜を見ながら自分の音楽を立ち上げることができれば
それは、自分が聞いた理想的なバイオリンや
忘れられないホルンの響きを
自分の内側から音楽に再構成できる。

外からではなく内かは音楽を奏でることが可能になる。

それは最高の音楽の楽しみなんじゃないか
それは統制されたどこまでも、美しいごく個人的な夢だ。


そんな音楽の楽しみ方ができるなら
僕も楽譜を読もうと勉強を始めている。


まだ音楽は聞こえない。
ただ、リズムは、どこか遠くの太鼓のように聞こえ始めている。

アフター昇太。 笑点の若手落語 と2020年の笑点

先週、今週と行われた若手大喜利

が面白かった。

 それは笑点の回答者の司会のあり方の分かれ道を指し示したからだ。

 

 

1日目の司会は円楽師匠

あの司会になりたくてしょうがないのになれなかった腹黒落語家だ。

それなのにいざ司会をしてみると固い。

緊張感が画面越しにと伝わってくるようだった、珍しい。

意外と素直な人なのかもしれない。

 

そして、歌丸さんだったら絶対に座布団をあげているお世辞を言う回答者に厳しい。

お世辞はダメだとピシャリ。

 

これは金権利座布団政治への明らかなアンチテーゼだ。  でも、あえて色を出したお世辞への対応以外は歌丸師匠をなぞる司会の型だった。

 

2日目は意外にも林家さんぺい師匠

 

こちらは

学級崩壊とも揶揄される

回答者が司会をひたすらにいじるスタイルだった。

お前よりお前の嫁とのみたい

司会をしてるのも親の七光り

と言いたい放題。

 

ただこのスタイルは現状の昇太さんの司会に近い。

昇太さん自体も結婚できない滑舌が悪い

など散々に言われながら笑いを取る司会。

司会が一歩下がって 回答者が前に出る民主的なスタイルだ。

 

一方円楽師匠の司会はあくまで司会者が全体のリーダーとして番組をとりしきり反抗者には制裁を加える独裁者的司会だ。

 

トップダウン歌丸ー円楽スタイルの

カリスマ的な司会者による一党独裁の番組スタイルでいくのか

 

ボトムアップの昇太ー三平スタイルの回答者全員が主役として時に無政府状態になりつつも回答者全員が持ち味をより出していく民主的なスタイルでいくのか

 

どちらの司会が東京オリンピックを見据える21世紀の笑点のスタイルになっていくのかその試金石が今回のように見える。

 

そして、回答者としての若手落語家を見回してみると

それぞれがうまい回答をしようというよりは

自分のキャラクターを理解してもらおうとする

アイドルのような自己紹介色の強い回答が目についた。  食いしん坊、講談師、立川流の毒舌、関西から刺客、それぞれ色はあるが出色なのは

わさびの病弱キャラクターだろう。

表現の幅も点滴から飲むならお酒じゃなくサプリメントといったり 表現が多彩で

全員が推す中でふっと身を引く噺の軽さと一段落とした声のトーンがとにかく目を引く。

 

正直テレビ映えするとは思えない 容姿の花のなさを存分に強みに代えている。

 

線の細さと緑色の着物はやはり障害名誉司会者の桂歌丸師匠を思い出させて かつてのファンの胸を熱くさせる。  あとは少し髪が薄くなってくれればもういうことはないだろう。

 

そして、講談の貞鏡さんもいい。

美人だけどあまりに長い答えと押しの強さが

残念なモテない美人に見えるのだ。

このキャラも、タラレバ娘のように

うけるのじゃないか。

 

このように若手大喜利

人気の薄い三平の代わりのメンバーを探すのか

もしくは、

アフターオリンピックの笑点の司会のスタイルを占うのか 様々な見方のできる面白い企画だった。

また見たい!

 

 

 

 

アデらない、アデるとき、アデれば、アデル。 2017 グラミー賞

アデル姉さんがグラミー主要3部門独占でしたね。
しかも2年連続。

華やかな踊れるEDMでもない、

観客を魅了するセクシーなダンスを踊るわけでもない。
殺された同胞や社会問題を歌うわけでもない、
誰か歴史に残るアーティストの追討をしているわけでもない

 

そんな姉さんが
ブルーノマーズのプロデュースとデンジャーマウスのプロデュースされた音楽もそんなもの下地だよと言わんばかりに自分の色に塗り替えて
グラミー3部門受賞だよ。
ねぇ、 2015年の作品なのに。

 

アデル姉さんのように

数年間何度も何度も何度も心ゆくまで

彫刻家が大理石を掘り進むように
きのすむまで時間をかけて楽曲を作れる
アーティストはどれだけいるんだろう。

しかもそれが世の中に受け入れられるなんて

奇跡みたいだ。

でも
怖いだろうな
かつての自分と比べながら
様々なプロデューサー、ミュージシャンと組みながらも自分を歌うしかない彼女は。

誰かお手本にしていいわけじゃないんだから。

 

 

でもそれを成し遂げたんだな。

そして、受賞の場で素晴らしいアルバムを作ったビヨンセを褒めたためんだね。  

 

自分とこんなにもちがうのに。

 

白鳥は寂しがらずや
海の青、空の青にも
染まず漂う

 

 

大分歳下な気もするけど

だからこそ

アデルは姉さん。

スマスマの終わりはSMAPの終わりなのか。 SMAP×SMAPの最終回 最後の世界に一つだけの花

スマスマの最終回のラスト

SMAP5人での「世界に一つだけの花」のLive歌唱を見た。  

 

中居くんはちゃんと歌っていた。

音程がどうかなんか関係ない。

自分のできることを、ただ誠実に行っていた。

そして 笑っていた。いや、笑おうとしていた、アイドルだから。

でも、歌い始めてすぐからその眼は髪の色のように赤く染まっていた。

 

キムタクはいつとキムタクのようだった。でも、その表情にはいつもの余裕がない、何かを耐える顔だ。

 

草薙くんは変わらない。でもすこしだけ上を向いてうたう。 変わらないように見える

でも、目の横のキズがなんでかとても、気になった。

 

吾郎ちゃんはクールだ。でも、空虚に見える。

何かを感じることをもう放棄しているように

 

慎吾ちゃんは明らかに違っていた。

口を閉じることができない  立って歩くだけでとてもとても、苦しそうで  あれは過呼吸の状況じゃないのか?  ギリギリSMAPの一員としてたっているように見える 一番きついのに出てきてくれたのは慎吾ちゃんだったんじゃないか  シンゴー!!シンゴー!!!

 

 

放送は西山喜久恵アナのトークと、最後の収録Live以外はとても豪華だけど、過去放送映像の総集編だ。

この番組は最後の収録Liveのためにあったといっていい。

 

Liveの前にはSMAPのデビュー当時の映像がオルゴールにあわせて流れた。  

 

ミュージカルで人を泣かすのは簡単だという話を聞いたことがある。

 

ミュージカルの冒頭で幸せなシーンを見せてそれが失われたことを歌わせればいいんだと。

 

その意味で言えばスマスマの最後の歌はミュージカルのリプライズであった。  同じような旋律だけれど歌われる意味は真逆だ。

 

 

彼らの最後のメッセージはたくさんのありがとうを、ありがとう。

 

だ  ちくしょう。

 こちらこそありがとうだ

とりとめも終わりもないけれど。

 

最後に流れたデレマスと一本満足のCMは今年一番のブラックジョークだよ。  笑えたもんじゃない。

サウスパークかよ。

 

バンドの解散とプロレスラーの引退は信じちゃいけないというのは定説だから。

信じない。 

 

YOSHIKIも、俺たちも(X JAPANを)解散したけど復活したらといっていたから。

 

本当に待ってるから

解散のむこうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと前だけれど2016年のハロウィンについて

もうすっかり年末で、クリスマスも間近で
10月のことなんて遠い昔に感じるのだけれど
2016年のハロウィンについても書いておきたいなと思う。

f:id:DailyClubSelect:20161217144101j:plain

f:id:DailyClubSelect:20161217144304j:plain


何だかんだ渋谷のハロウィンを撮り出して4年になる。
渋谷の街の百鬼夜行も見慣れた風景になってきた。

f:id:DailyClubSelect:20161217144241j:plain



僕にとってのハロウィンは普段できない
見ず知らずの人のポートレートを心ゆくまで撮影できる日

今年もたくさん撮影できて嬉しい。 ちゃんと数えていなけど100人くらいは撮影できたんじゃないかな。

昔は女の人多いなー という印象だったけど ここ何年かは男の子も増えてきて

f:id:DailyClubSelect:20161217144233j:plain

 

f:id:DailyClubSelect:20161217144140j:plain



カップルもたくさん見た。 カップルの写真はおもしろいですね。 

f:id:DailyClubSelect:20161217144127j:plain

 

f:id:DailyClubSelect:20161217144420j:plain

 

f:id:DailyClubSelect:20161217144211j:plain

 

f:id:DailyClubSelect:20161217144050j:plain

 

関係性が映る。

そして楽しそうな人たちの顔を見るのはまた楽しい。

そして今年は車道を封鎖して歩行者天国を作ったのが印象
ただ、その道路を警察の車両で封鎖したのだけどその模様
何ともいえず暴力的で。 

 

f:id:DailyClubSelect:20161217144151j:plain

のお祭り騒ぎのまだ整っていない荒れている面を表しているようだった。

渋谷だけでなく、池袋、上野なんかでもハロウィンの仮装は行われているんだけど
僕は渋谷のハロウィンが一番面白いと思う。

 

f:id:DailyClubSelect:20161217144104j:plain

(池袋のハロウィン ちょっと違う。)



他の街は誰か企画者がいてスケジュールがあってその中で管理されて楽しむものだけど
渋谷は誰がいうわけでもなくどこからか人が集まってきて勝手に騒いでいるのだ
それにつられて警察も報道も集まってくる。

主導者のいない一般の人たちの力が集まってうねりを作っている。
そのパワーがなかなか最近元気のない日本にとっては面白く見えるんだ。

 

f:id:DailyClubSelect:20161217144106j:plain


問題も多いのだろうしお住まいの方はうるさくて迷惑だと思う。
でも、どうにか妥協点とマナーを一人一人守りながら続くといいな。たくさん撮影練習できるし。

でも、数年でパッと広がってパッとなくなるのもそれはそれで面白いな そんなことも思っております。

 

f:id:DailyClubSelect:20161217144245j:plain