読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dailyclubselect’s diary

音楽、文学、写真のLIVEレポート

スポンサードリンク

THE TOKYO ART BOOK FAIR とロバートフランクのTHE AMERICANS

写真集やZINEなど出版社の個人のアートブックフェア

TOKYO ART BOOK FAIR に行ってきました。

 

tokyoartbookfair.com

 

それも

私が一番好きな写真集 

 

ロバートフランクのTHE AMERICANS

の講演があったから。

 

その

大森克己さん、町口覚さん、河内タカさんによる

ロバートフランクのTHE AMERICANS の講演

最高だった。

 

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2016 | トークイベント「ロバート・フランクの『アメリカ人たち』に関しての考察」

 

この THE AMERICANS 1枚 1枚の写真は

捉えどころのない アメリカの人々、風景を写した

写真集なのだけれど 一冊を通して写真集としてみると

なんとも言えない胸を打つ写真集なのだ。

 

アメリカと言うのはこういう様々な人種と

風景の総体なんだということがすっと胸に落ちるそんな写真集。

 

そして見るたびにきになる写真が変わるなんども手に取ってしまう

一冊。

 

その写真集について

時代背景、

作られた経緯。

プロの写真家から見た魅力が語られた講演は本当に私にとっての宝物になった。

 

勝手に何年もかけて撮りためた写真集だと思っていたのだけれど

実際はロバートフランクが、1年半かけてアメリカ中を旅して撮った写真集だった。

そしてそれと同じ期間をかけて28,000枚以上の中から選んだ90枚弱の写真集。

 

この写真集がいくつもの出版社から8版を数えるまでに何度も出版されていること

その度にロバートフランンクが少しずつ更新していることもこの講演で初めて知った。

 

その講演の中で大森さんがおっしゃっていた

真摯な写真家は 現代のTHE AMERICANS 

について考えているという言葉が心に残る。

 

自分に出来る THE AMERICANS

実は一回作ってみた自分なりの THE AMERICANS

まだまだ、深めたい その方法もわかってきた。

チャレンジしよう。

 

 

 

 

 

 

 

The Americans

The Americans