読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dailyclubselect’s diary

音楽、文学、写真のLIVEレポート

スポンサードリンク

アリシア・キーズの『here』が今年度最高アルバムなんじゃないかと思うことについて Alicia keys here

特にアリシア・キーズに思入れがあったわけではなかった。 

 

けれど

M1 the beginning から M2 the gospel の流れは

荒野に協会が立ち上がっていくようで鳥肌がたった。  言葉が、リズムを巻き上げて教会になっていく。

 

タッチの強いピアノにシンプルなビート

大地から湧き上がるような力強くセクシーでありながら 説得力のあるボーカルが胸に響く。

 

MTV アンプラグドを復活させたアリシア・キーズの四年ぶりのアルバムは本当に素晴らしかった。

 

 

母親になったアリシアの文字通りの肉声が伝わってくるようだ

愛が社会と彼女を強く結んでいる。

 

彼女の映画のクライマックスを思わせるようなボーカルの力はもちろん変わらないが

音数はぐっと少なくシンプルになっている

シンプルなリズムやアコースティックギター

縁取られた彼女の声は よりメッセージを伝えるのにふさわしく、同時に親しみやすく感じる。

 

ro69.jp

 

M16 holy war で
私たちは自分を閉じ込めて
私たちは互いを嫌い、恐れて 壁をつくってしまうことはあるけれど

少しずつオープンになれば
私たちはおたがいを癒して、埋めあえるんだと歌う。
私たちは誰かを愛すべきなんだ
お互いをもう少しケアすることができるのだと

 

これはついに大統領になってしまった民主党の大統領のアメリカとメキシコの間に移民排斥のための壁を作ると公約していることや、Brexitのような世界中にひろがる孤立主義の影響が明らかに、色濃く映っている。

 

彼女は

政治的なメッセージを歌うアーティストに影響を受けてきたのに 若いころは政治について語るのを恐れていたという

それが今作では正面から向き合う。それを可能にしたのもシンプルに経験だという。  

その短い言葉には 出産、アーティストとしてのキャリア、人間、音楽家としての成熟その全てがつまっている。

そしてその経験がこのアルバムを過去最高のもににしている。

 

 

rollingstonejapan.com

 

 

アリシアは社会と、時代と向かいあう。

でも社会を恐れない。  

 

何故なら

その手は子供や家族とつながれていて その背後にはプリンスもマービンゲイもボブマーリーもいるから。

 

 

 

www.youtube.com

 

ヒアー

ヒアー

 

 

itunes

HERE

HERE