読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dailyclubselect’s diary

音楽、文学、写真のLIVEレポート

スポンサードリンク

アメリカはジョーカーを引いたのか トランプ大統領の誕生日

政治 社会 考え方

なんて日だっ!

www.huffingtonpost.jp

あの暴言ばかりのトランプが アメリカの大統領になった

その理由として説得力があるのは下記の二つの文章だ。

 

映画監督 マイケル・ムーアのこの文章。

www.huffingtonpost.jp

そして下記の文章

www.newsweekjapan.jp

アメリカの白人層でも 貧しく、変化に取り残され

移民や、テロや、産業の変化を恐れていた人たちに

トランプは受け入れていたんだ。

 

 

ただ、 イスラム教徒は入国禁止にしろ

日本は北朝鮮と戦えばいいし、米軍が日本を守っているんだから

もっとお金をアメリカに払った方がいいと発言するような人物が大統領になるなんて

nyaaat.hatenablog.com

 

そして、大統領選の出馬もTVのリアリティーショー

のための売名行為だと思っていたのに。。。

 

勝利が決まった時のなぜか浮かない顔も話題に

blog.livedoor.jp

 

英国がEU離脱したBrexitのように

トランプ氏の発言にも見え隠れする

国際協調より 離脱、分裂の動きが多くなってきてる。

これがこれからの国際社会の中心的な流れになってしまうのか

 

 最近では、トランプの一連の発言は、大統領選に受かるための

アピールで、実際には現実的な政策を打ち出すのではという意見もある。

ただ、その過激な発言を支持した有権者がいなければ彼は当選していない。

 

それに彼の支持者をすぐ裏切るような政策に舵をきる彼のモチベーションは

どこから生まれてくるのだろうか。。。  

あまりにも荒唐無稽な彼の政策を

認めることができず冗談だと思いたいと言う私たち受け手の気持ちが彼の意見

は一種のアピールだという意見には見え隠れして 私はより、不安になってしまう。

 

トランプ大統領の報を受け

レディガガは泣き、

ケイティぺリーは前を向き、私たちは憎しみに支配さえた国のたみにはならない。

と言った。

 

www.huffingtonpost.jp

 

そしてマイケル・ムーア

However this ends, that's where we begin.

確かにこれは(アメリカの選挙戦は)終わった。 

でもここから

私たちは始めるんだ。と語った。

 

ね 大統領が決まっただけで未来が決まってしまったわけではないから。

 

 

トランプ

トランプ